TOP サイトマップ
会社案内 業務案内 お問い合せ About Us
業務案内
営業案内
ご相談ください
技術
設計案内
高信頼性鋳造品
材質一覧
品質保証
JISQ9100/Nadcap
認証工程
熱処理・溶接
非破壊検査・表面処理
Boeing
製造
製造現場から
主要設備
業務案内

技術
『 鋳造 』の出現は文明に対して一大変革をもたらしました、何時どこで始まったのかは明らかではありませんが、BC4000年頃、蜜ろう製の彫刻を粘土で包み、加熱し粘土の中に空洞のできたものを鋳型にして溶けた金属を流し込む、こうしてロストワックス法のプロト・タイプができあがりました。

現在、我々が見ることができる最古のロストワックス鋳物はBC3500年頃メソポタミアのウルク期のものといわれています。その後さまざまなロマンをのせて日本へ伝わったのが4世紀頃 以来高度な鋳造技術として今日まで受け継がれてきました。

近代ロストワックス法は、航空宇宙技術の飛躍的進歩により研究開発された高度なメタルフォ-ミングプロセスです。

21世紀、科学技術はエネルギ-資源問題をはじめ、食料・環境汚染などに適切な対応と革新をせまられています。

©JAXA
新たな時代を切り開くNPCのロストワックス精密鋳造技術にご期待ください。


ページトップに戻る ▲


TOP会社案内業務案内お問い合せAbout Usサイトマップ当サイトについて個人情報保護ポリシー
ロストワックス精密鋳造の日本プレシジョンキャスチング株式会社
〒297-0143 千葉県長生郡長南町美原台1-5(長南工業団地内)
Copyright (c)  NIPPON PRECISION CASTING CORP. All rights reserved.